日々マタリ@

海ドラ専用に移転しました(`・ω・´) 新旧問わず見たもん順! 海ドラの簡単感想

☆ご案内☆
(`・ω・´)
自室にTVがなくなってしまい、更新が滞っております。
視聴順にup予定・・・(´Д`)ハァ…
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
視聴中!
Law&Order Criminal Intent
祝☆2シーズン 狐本家
クローザー
祝☆4シーズン
LaLaTV
Dr.HOUSE 4シーズン
祝☆4シーズン 狐本家 
9月半ばまでお休み中
コールドケース 5シーズン
WOWOWにて5シーズン!
NCIS 4シーズン
狐本家

Boston Legal
謎の再放送中 狐本家
Numb3rs
狐本家
NCIS新シーズン放送に伴い、しばらくお休み
Law&Order SVU 4シーズン
早く5シーズン放送してください!

CSI:マイアミ 7シーズン
秋まで絶賛干からび中!
CSI:NY 5シーズン
冬まで運転中
クリミナルマインド
冬まで絶賛爆発中!
名探偵モンク 6シーズン
次シーズンはグランドファイナル?!
CSI:本家 9シーズン
来春まで絶賛死亡中!

ReGenesis 4シーズン
妄想のまま終了!
かてごり+
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ページ移動
月別アーカイブ
いらっさい!
プロフィール

まうゆん☆

Author:まうゆん☆
海ドラのみを分離独立!(`・ω・´)

RSSフィード
TOP > 2009年07月

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dr.House S4 #08 やっぱりウィルソンと結婚してみては?    2009.07.29

何と今回の患者さんは、モンクさんでケビン・ドーフマンを殺してたマジシャン
しかもそのままマジシャンでした。アシスタントは別人でしたが。

今回サバイバルメンバーに与えられた課題は
カディのTバックを取ってくる、手段は問わない」でした。

問題児9番とモルモン教は友達なようで、遊びに行ったナイトクラブのマジシャンが水に入ってすぐに心停止したようです。
それが気になる9番は、マジシャンの検査に行きます。
他の4人は「カディのパンツ盗り」合戦のメンバーなわけです。
この勝者には選抜免除と2名選択の権利が与えられるようです。選ばれた2名のうち1名は失格のようですが。

マジシャン、検査しても何にも見つからないどころか、みなさんを相手にマジックとかしてます。
13番と9番は真剣にお客さん状態でした。

「どうせおぼれたんだろう?評判が悪くなるからって認めないだけで!」とか思ってたハウス先生。
確かにMRIで内出血が起こった原因は、おなかの中に金属のカギを飲みこんでたからなのですが。
カギを返してマジックも見せてもらいました。振り向いたらマジシャン、鼻血吹いてました。

これは、なんかヘン!なので、パンツ争奪戦は一時休戦でマジシャンに取り掛かれ!とかになるのですが、いち早くパンツをゲットしたヤツがいました。
モルモン教です。
ビッチもタウブも水かけ作戦とかしてたのですが、全然ダメであげくビッチのパンツでごまかそうとかしてました。
でもハウス先生に見破られました。
マジシャンにネタでバイコディンを使われたりしたので補充するハウス先生。
カディがいたので試しに薬瓶を落としてみます。
「拾えばいいんでしょ?」とかいいつつタイトスカートでかがむカディのヒップラインをみて
「おーまいがー!」なハウス先生。カディを問い詰めると赤くなって逃走、これに再び「おーまいがー!」

スポンサーサイト

The Closer S4-#08 イライラさせないでください。    2009.07.27

今回はパパママエピでした。

毎回ブレンダさんの両親が絡むエピは、オモシロ!かお涙!ってなカンジだったのですが、今回のパパママエピ、
「親ってウザイよな」成分満載です。

いきなりやってきたブレンダさんの両親、お守をどっちがするか?を水面下で激しく競うブレンダさんとフリッツ。
ブレンダさんは殺人事件が入った(本当)のでお仕事にいく!とか言ってます。
今回の事件現場は、ハリウッドの撮影所。
押しつけられてたまるか!なフリッツ、家電から自分の携帯に電話して仕事を偽装。
本当に本格的にフリッツの仕事が全く謎です。
「空港に爆弾で指揮をとらなきゃ」とかです。
フリッツの提案で仕事場に同行してもらえば?ってなことになります。
モチロン撮影所に行くことになるお二人+ブレンダさん。

ヘアメイク担当がトレーラーのケーブル置き場でボコボコにされた死体で見つかります。
調べるとDVを受けていたようで、早速旦那をひっぱりに。
接近禁止令とか出てたようですが、無視してヘアメイク担当の奥さんに会いに行ったとかで逮捕です。
この旦那、ジョーイみたいな役者です。
「なんで逮捕!嫁が呼んだから行ったんだ!」とかいうDV旦那。
怒り抑制セラピーは、あまり効果がなかったようです。
もう思いっきり犯人臭そうなので、奥さんの死体写真とか見せると絶句するDV旦那。
早速弁護士とか言ってます。

今回、ブレンダさん2つのイライラを抱えることに。
・こないだの記者さんが「特捜班は有名人・金持ち・白人・身内優先で仕事する!」とか記事を書いた
・パパが「結婚!結婚!」とうるさいけど、「やめてくれ!」と言えない

記事の件は、ポープさんとテイラー警視正がイロイロ手を打ったようですが、止められなかったようです。
ほぼDV旦那が犯人じゃね?ってなことになったのでさっさと検察に渡してしまおう!とか提案するテイラー警視正ですが、
この時点で被害者が隠れて住んでいた家にもう一人、同じ境遇の女性がいたっぽいことが。
その女性の安否も知れないのにテキトーに調べて検察に丸投げしていいのか!とか怒るブレンダさん。

お守担当に志願したプロベンザさん。ママをエスコートする技を見て不快極まりない状態になっていくパパ。
そしてマスマス結婚!結婚!と盛り上がってました。

ストレスがたまりまくって、ママのケーキのチョコをなめまくったり、ソイジョイを食べまくるブレンダさんの胃腸が心配です。
チョコでワイン、ってのはありなのかもしれませんが、辛党な自分からするとちょっと考えられません。
せめて「蜂蜜漬け梅干し」と焼酎までです。


あまり変わらない気がしてまいりました。

結局、被害者がボランティアで同じ境遇の女性をかくまっていたようで、そのDV彼氏が被害者を襲い、殺したようです。
かくまってもらっていた女性、DV彼氏にボコボコにされてる最中だったようですが、ブレンダさんたちが救出。
DV彼氏も逮捕されました。

こうなるとDV旦那、犯人じゃなかったわけで「謝罪」とか求めてきます。
ポープさんがとっても適切な謝罪をしますが、あんまり受け入れてもらえなかったようです。

ブレンダさん、決意してパパとも対決。結婚の時期は自分たちで決める!と言い切りました。
それをほめるフリッツですが、フリッツから最後通告を食らいました。
来年2月に式、挙げるから日にち都合して!とか言われます。

今回はフリッツが一枚上手だったようです。
地味にフリッツエピだったのかもしれません。

次回は特捜班解散!?再び!!ってなことのようです。

The Closer S4-#07 ためないでください。    2009.07.26

ようやく視聴しました、サンチェスさんエピ。猛烈にサンチェスさんエピでした。

お休みのサンチェスさんがバイクをいじってると銃声、銃を手に向かうと女性が「友人が撃たれた」とか言ってます。
被害者をみるとなんとサンチェスさんの弟のオスカーくんでした。
とりあえず止血して、タオさんに連絡するサンチェスさん。
ですが救急車もビビって出てこない地区。
ERに向かうサンチェスさんが現場にきた警官たちにイロイロ指示してました。
なかなか素晴らしい筋肉美を拝見することができました。

ポープさん、テイラー警視正、プロベンザさんやブレンダさんと一緒にきたフリッツさんとERのロビーは特捜班別室状態です。
オスカーは、やっぱりだめだったようです。
なんだか壊れ気味な笑顔でサンチェスさんが登場しますが、マスマスみなさん辛そうです。
しかもサンチェスさん、「絶対、暴走します、ええ、チーフが何と言ってもね!」状態。
帰って家族の側にいてあげて、とかいうブレンダさんの話をとりあえず聞くだけ。

目撃者だったオスカーの友人の女性は、ビビって証言どころではありません。
とりあえず帰っていいよになるわけですが、なぜか家にいないサンチェスさんが「なんで帰す!嘘ついとる!」と怒ってます。
バズ、ブレンダさんに怒られてましたが、もっと怒られるのはサンチェスさん。

今回の事件は、ポープさんも予算度外視で捜査!ってな最優先事項で進めているのに被害者の兄で目撃者なサンチェスさんが捜査に混じるってことは、法廷で証拠を無効にされかねません。
それを諭すブレンダさん。とりあえず、引き下がるサンチェスさん。

サンチェスさんがギャング担当だったこともあり、それ系の人間をしらみつぶしにしていますが一向にラチが上がらない様子で3日過ぎたようです。
すると火事事件で同行した記者さんが発生。
「似たよーな事件があっても優先されず、関係者か白人が死んだら最優先か!おかしいやろ?!」とか言いに来てます。
ブレンダさん、記者さんに「友人の弟が死んで、友人も生命の危機にあるかもしれない、それを最優先にしているんだ」と言い放ち、記者さんをテイラー警視正にお預けして出て行きました。

出てきたブレンダさんのところへ「オレが殺しました」とか目にアザのあるにいちゃんがいいに来ました。
とりあえず尋問すると「パペット」ってな名前のヒスパニックギャングが浮上。
探しにいくとギャングたちがボートを風呂代わりにいい気分してました。
早速、足浴に励むプロベンザさん。銃を片手にギャングとお話。
「パペット」の居所が判明します。

「パペット」を探しに来ると案の定、サンチェスさんが先に来てました。
とりあえず、パペットを逮捕、サンチェスさんもブレンダさん部屋に連行です。

パペットは、オスカーと一緒にいた女性の元彼氏だったようです。
こいつが犯人!とか勝手に思い込んだサンチェスさんが、そこらへんにいた「オレが殺しました」君を殴ってブレンダさんたちをパペットの元へやってこさせたようです。
捜査状況を班の誰かがサンチェスさんに漏らしていたようです。タオさんでした。
タオさんもお叱りを受けます。

フリッツさんがめっちゃイカツイATFの潜入捜査官を連れてきます。
どうやら凶器の銃を裏で処分しようとしてたヤツがいたようです。
捜査官がパペットを見ますが「コイツじゃないよ」とか言われます。
このパペット路線は、サンチェスさんの大きな思いこみだったことが判明。

捜査官、ギャングの顔写真で銃を持ってきたヤツを見つけます。
「ぁゃιぃヤツだった」と言っていた通り、顔にもたくさんタトゥのあるおっさんです。
潜入捜査がばれるとヤバいので「銃売買」の件で家宅捜査はできませんでしたが、仮釈放中だった顔タトゥのおっさん、保護観察違反とかで調べられることに。
すると使われたのと同じ口径の弾丸とか出てきました。

早速連行して尋問+面通しです。
が、本人は知らぬ存ぜぬ、オスカーの彼女も「こいつじゃない」とか言ってます。
ところが、調整室を出たオスカーの彼女、いきなり取り乱して「殺される!、顔を見られた!」とか言い始めます。
待合にいた、顔タトゥおっさんの弟がオスカーを撃ったようです。

ものすごい勢いで捕まえるサンチェスさん。
早速、お話を聞くブレンダさん。
顔タトゥの弟、兄の前でいいカッコをしたかったのとオスカーの帽子が怪しかったから撃ったとかサクサク自供。

調整室を出ていくサンチェスさん。追っていくプロベンザさんが、「自分を責めるな」的なことを言いますが、
オスカーの帽子は、先月誕生日プレゼントに!とサンチェスさんが買ってあげたものだったとのこと。
プロベンザさんの胸で号泣するサンチェスさんをそっと見守るブレンダさん。

今回はちょっとしんみりです。

ようやく今回のエピのレビューサイトを周り、「どっかでみたな~」とか思ってたATF捜査官がWATのダニやんの兄ちゃんだったことが!
ありがとうございます。スッキリしました。


次回、とかいいつつたまってるので今から視聴します。

Cold Case S5 #3 今週は、ヴェラ18世紀に浸る、でした。    2009.07.26

今週は、アーミッシュの少女がラムスプリンガ中に殺されたお話。
2006年の事件なのですが、登場するアーミッシュの人々や村の風景のシーンも多く、「あれ?いつの時代の話でした?」な錯覚に。

友人や家族に話を聞くためにアーミッシュの村に行く担当になったヴェラとリリーさん。
「男子禁制」とか言われたのでヴェラ、木工とかして時間潰してました。
が!
これが意外にハマったようです。
「電気のない世界がどんなに素晴らしい静寂か、知ってるか?」とか大仏様に言ってました。
多分、ヴェラの家の冷蔵庫、とってもうるさいタイプのもののようです。

リリーさん、カウンセリングは「ハンコをもらうだけ」参加のようです。
とりあえず、どこかで爆発エピへのフラグかな?とか勝手に思ってます。

犯人は、薬のやめ方がわからない脱アーミッシュしてきた少年。
とりあえず、親にも会えたし、おうちへ帰る道はできたようです。

被害者少女の遺体を村に運んできたときに、木工で通じあったアーミッシュのにいちゃんとアイコンタクトをするヴェラでした。
ものすごく感化されやすいヴェラです。
来週はエルビスなんだろうなぁ~とか思いつつ、ヴェラがとっても気になります。

すっかり忘れてましたが、スコさん、キューバ移民の2世さんだったようです。
うっかり間違えてマイアミで就職していたら、ちょっとタイヘンなことになってたかもしれません。

CSI:8 #15 鼻担当なわけですが。    2009.07.26

ホッジス回でした。

前回同様、イロンナ死体の現場にそれぞれいたCSIメンバーが「ヒモ理論」でラスト、結ばれたってなカンジです。
「ヒモ理論」とかは、クマ主任のありがたい講義があったのですが、「( ´_ゝ`)フーン」でした。

・鹿にドレスを着せてた泥酔おっさんが署内で逃走したので、捕まえようとしたらスタンガンで焼死
・現場にいたキンキラおばさんを探すと交通事故で死んでた。しかも緑の血
・ホームレスっぽいおっさんがもう一人撲殺されてた。しかも緑の血
・凶器から犯人判明、逮捕に行ったら犯人、脳出血で死んだ。しかも緑の血
・郊外の住宅で老夫婦が死亡、大体同時刻に。
・老夫婦の隣人、実は鹿ドレス泥酔焼死男の元妻

鹿男は、スタンガンの前に警官が撒いた唐辛子スプレーが発火作用のある市販のものだったため、引火したようです。
キンキラおばさん、撲殺ホームレス、撲殺犯人、それぞれヘンな鎮痛剤を大量に飲んでたようです。
死因は全員違うのですが、緑の血になっちゃったのは、撲殺犯人と撲殺ホームレスが一緒に売ってたぁゃιぃ鎮痛剤に含まれる硫黄成分が血液と反応を起こしたからのようです。
別にアンデッドになったりアギト化したりしたわけでは、ないようです。ちょっと懐かしかったです。

郊外の老夫婦と隣人の金属芸術家は、リス害で困っていたようです。
老夫婦、撲殺犯人が売ってたっぽい「電磁波っぽいのを発生させてリス撃退!」装置を庭に置いていたようです。
おかげで、リス害が増えた隣人、青酸カリでリスを殺してました。ついでに老夫婦の飼っていたシュレディンガー猫まで殺してました。
ご主人、物理学者だったようです。
老夫婦の死因は、リスが家の下で電線をかじったので漏電、炎の出ない火事になり、煙で死んだようです。

老夫婦宅捜索、リスの死因特定にホッジスの鼻が生かされました。
クマ主任、さりげなく「ストーカーは嫌いよ!」とか言ってたっぽいです。
珍しく現場仕事で鼻を使わされたホッジスですが、現場に出ると「不幸→影が薄くなる」傾向をグレッグから学んだのか、ラボの方が好きなようです。

DNA分析官ちゃんをやっぱり狙ってるっぽいホッジスですが、アーチーもビックリなトレッカーだということが判明した分析官ちゃん。
美人で頭も切れるトレッカー、ホッジス、マスマス萌えそうです。
ついに実家を出て、一人暮らしをするようです。

なんだかイロイロがんばったホッジスですが、ストーカー行為が嫌われたのか?現場バッチィ!が嫌われたのか?クマ主任の講義の後の「チームみんなで朝食」には参加させてもらえなかったようです。

次回、ブレンダさん担当地区で捜査?ってなクマ主任ですが、新エピの残りが少なくなってまいりました。
「アレ」が近づいてきたんだなぁ・・・とか(´・ω・`)ショボーンですが、次回はとりあえず楽しみたいと思います。

Dr.House S4 #07 上映会をしてみては?    2009.07.22

今回は頭にでっかいデキモノができてる高校生。生まれたときからあるようです。
しかもこの少年のドキュメンタリーを撮影してるカメラクルーとかがひっついてきました。
カメラの前ではみんないいカッコをしてしまうものです。
生き残りメンバーたちはモチロン、チェイスやフィンチ先生っぽい女医さんまでなんだかオカシイです。
カディもそうですし、なんとハウス先生もでした。

自分の考えがまとまらない、診察ができない、元形成外科医は独断で仕事してるっぽい、と散々だったわけです。
が、結局13番が正しかったようです。

ウィルソンが「なんで美女を並べてなんにもしないの?」とか言ってます。
カメラの前でいいカッコをすることも女性の前でいいカッコするのも結局同じ思考からのようです。
「有能なら部下にして、無能ならデートに誘え!」とか言われて目覚めたようです、ハウス先生。

独断に走った元形成外科医、「タウブさん」とかいうヘンな名前だったようです。
一旦、クビになりかけますがとりあえずハウス先生と和解したようです。和解というより、ハウス先生がタウブとカディの密約とかを知ることになり(邪魔だったカメラクルーのおかげ)イロイロ露呈したからのようです。

今回クビになったのは、なんとフィンチ先生っぽい女医さん。せっかくCIAを辞めてきたのですが、ハウス先生がデートに誘ってました。
ようするに無能の烙印を押されたわけです。
フィンチ先生っぽい女医さん、シカゴに帰ったかもしれないなぁ~とか思いました。

カメラクルーにハウス先生感を聞かれていたキャメロンですが、話せば話すほどドツボにハマってました。
チェイスに相談したらしく、チェイスの前で話す内容を検証していたわけですが、もっとドツボです。
いっそのこと、もう一度ハウス先生に告ったほうがいいかもしれません。

カメラクルーの撮影したドキュメンタリーは、「子供好きな献身的な医師、ハウス先生が少年を救う!」という謎な内容のようです。
カディとハウス先生が視聴していましたが、あまりのホラーっぷりに立腹なハウス先生と堪能するカディでした。

フォアマンの存在感があまりなかったなぁ~ということと、次回は誰が落ちるのか?なまま次回に続きます。

Cold Case S5 #2 今週は、大仏様、スッキリするでした。    2009.07.21

今週、なんだかオモシロ小ネタもあまりありませんでした。

「取調室発砲事件」関連では、リリーさんがとりあえずカウンセリングに行く、とかボスに報告。
ボス自身、「オレがいたのに・・・」的責任をヒシヒシ感じているようです。
スコさんは内務監査のおっさんに過去失敗話とかまでつつかれてブチ切れです。

事件は、98年に「貞操を守る会」的サークルの高校生が、ちょっと派手目の女の子をみんなで殴り殺したってなことだったようです。

相変わらず日系なのか韓国なのか中華なのかアメリカドラマに登場するアジア人の倫理感が謎です。

大仏様が少しスッキリされてました。
今ぐらいがちょうどいいような気がします。
大仏様は、やっぱり貫禄があってこそです。

ぼーっと視聴していたので次回予告を忘れてしまいましたが、敦子さんのブログでもCold Caseの収録話とかが出てるので最近とっても楽しみです。

CSI:8 #14 ニックと48時間?なわけですが。    2009.07.21

腰に$マークのタトゥを入れたねーちゃんが収監されてる囚人のアパートで殺されてました。
なんと2階の部屋ではおばさんも死んでました。
両方とも囚人さんの知り合いのようです。

容疑者が囚人さんの奥さんっぽい(妊婦さんのようです)のですが、警察の捜査に「オレが加わる!」的発言で参加することになる囚人さん。
48時間を意識したようで、囚人さんもノリノリのようです。
ニックとブラス警部がお守をさせられます。

奥さんぽい人の行方をたどるとドンドン死体が増えていきます。
囚人さんには途中でやっぱり逃亡されてしまいました。

$マークタトゥのねーちゃんの旦那が、どうやら復讐していたようです。

事件の経緯は、
・$マークねーちゃん、囚人の金をせびりに2階のおばちゃんところへ銃持って殺しに行く
・2階のおばちゃんの娘で囚人の奥さんぽい人が$マークを殺す
・事件を知った$マークの旦那(ヒモ)が、金の回収と復讐に出る
・奥さんぽい人を脅して、金のありかっぽいところでドンドン人を殺す
・囚人本人に金を出させる

妊婦な奥さんぽい人を人質に取られてた囚人、苦肉の策でニックとブラス警部に応援を要請。
間一髪で助かりました。
奥さんぽい人、破水してましたが無事出産。
囚人も撃たれたので一緒の病室にいるのですが、奥さんぽい人に「あんたは最低、もう関わりたくない」とか言われてました。

イロンナ死体の現場にそれぞれいたCSIメンバー、結局同じ事件を調べてたようです。

クマ主任は、冒頭とオイシイトコロ、ウォリックは「あ、いた!」的な存在感でしたが次回はまたヘンなエピがきそうです。

ReGenesis S4 #13 雪中放置が一番ヤバイかも。2    2009.07.21

とりあえず、デビッドさんの回顧と未来の夢ってのがグランドフィナーレのお題だったわけです。

ニーナさんに殴られて雪中放置で鼻から血とかも出てるのですが、そのまま未来の科学技術査問会的なところでなんだか尋問されてるデビッド爺さん。
2043年のようです。
内容は、すんごいウィルスが蔓延して(多分スペイン風邪っぽいもの)、NorBACみんなで解決してたらボブも帰ってきてもっと強烈なウィルスになっちゃって1億人単位で人が死んだってなことのようです。
なんだかよくわかりませんが、デビッド爺さんの妄想っぽいので「ふーん(´・ω・`)」状態で視聴しておりました。

とりあえず妄想中によかったことは、
・カルロスさんが無事だったこと
・ウェスも帰ってきたこと(性格にデビッドさんの偏見的いい人補正が入ってたような気がします)
・デコ娘が科学者になってたこと
・メイコは年をとらない

あたりでしょうか?

よくなかったことは、
・ボブクローンは、世界中に精子を売ったけどそれがウィルスの感染源だったっぽいこと
・ニーナさんはさっさとスペイン風邪流行のときに死んじゃったこと
・こんな形でこの番組が終了してしまうこと

あたりでしょうか?

少年2名がつつきに来てくれたので、現実でもデビッドさんは大丈夫のようですが本当のNorBACの未来が完全に沈黙してしまったのが残念ですが、ネタ切れ感満載だったので、まぁここまででも良しといったカンジで終了です。

ちょっと他がたまってますが、ボチボチ書きます_| ̄|○

Dr.House S4 #06 自分で実験してみては?    2009.07.16

今回の患者さんは2名です。
なぜかというと、ハウス先生がCIAの兄ちゃんに連れて行かれたので、局員病院っぽいところで診察してました。
いつもの病院では、選抜サバイバルメンバーとフォアマンがドラッグカーレースの女ドライバーを診断。

いつものように初見診断をちょっと間違え、∠( ゚д゚)/「え」ってな状態になります。
いつもの病院は、∠( ゚д゚)/「え」ってな状態になってるのがフォアマン。
プチハウスが露呈したフォアマン、ある程度居直っていますが、選抜チームメンバーに「あんたが間違ってんじゃん」とか言われると、さすがにムッツリ状態。
しかもメンバーがキャメロンに相談、キャメロンが患者に手を出したりしてたので、キャメロンの患者を退院させたよ!ってな嫌がらせをしてました。

キャメロン、ラストでフォアマンにハウス先生チームは疲れるけどあんなに盛り上がってたこともないんだよ!ってな話をしてました。
チェイスには「もうハウス先生チームには、関わるな」とか言われてましたが、キャメロン的には関わっていたいようです。

さてCIA局員病院っぽいところで診察しているハウス先生。
なんだかボロボロの患者さんです。局員病院の担当医がシカゴのERで働いてたっぽい女医さん。
ハウス先生、モエモエです。
癌かもしれない、ってな診断になったのでウィルソンに電話をしますが「今、CIAにいるよ!」とか話ても信じてもらえません。
が、ウィルソンに電話をかけなおしてもらったので一応納得したようです。
なぜCIAにいるのか?とか聞きたかったウィルソンですが、薬の処方を伝えたとたんブチ切りされてしまいました。

CIAのボロボロ患者さんも女カーレーサーも「もしかして~!!」的展開でちゃんとした病名がわかります。
ボロボロ患者さんは有毒な栗を食いまくったので体内にセレンが溜まったようです。
カーレーサーはポリオ!ってなことに。とりあえず、WHO君がビタミンCを与えるってな治療をします。

ハウス先生、いつもの病院に帰ってきてカーレーサー話を聞きます。
最初の検査でポリオは陰性だった!というフォアマンとビタミンCが効いたじゃないか!とか言ってるWHO君。
ハウス先生、話を聞いて早速、
「もしかしてポリオっぽい症状にしてビタミンC治療の実験とかしてたんじゃね?元々はフォアマンがいってたとおり熱中症だ」
と。
WHOくん、先週は優秀だから残れ、とか言われてましたが、残ってやりたい放題したため「お前、クビじゃなくて辞退しろ」とか言われてました。
確かにこれがバレたらお縄になりそうですし。

色っぽいフィンチ先生っぽい女医さんを口説いていたハウス先生ですが、病院を出たら「オファーを受けるわ」とか待っててくれました。
早速お持ち帰りしようとしてましたが、仕事だけのお付き合いから、ってなことのようです。

カーレーサーのお父さんがビフでした。

カディが全然CIAの話を信じてないまま次回に続きます。

L&O CI S2 #04 カーバーさんを怒らせた気がします。    2009.07.14

今回の捜査対象は、カーバーさんの友達検事さん。奥さんは超一流の弁護士。
どうも検事さんが命を狙われるほどの恨みを誰かから受けてるっぽいのでゴーさんたちが登場。
カーバーさんと友達検事さん、一緒にゴーさんたちのところへやってきます。
車に細工されたり、不審な場所に呼び出されたりしてるようです。

心配事は本格的な事件になります。
友達検事さんが自宅でセレブ夫妻を招いて夕食時、弁護士奥さんが「あなた~ワインとってきて~」と地下のワインセラーへ行った直後、銃声。
ワインセラーで前科者を射殺した友人検事さん。
襲われたから撃った、とか言ってます。

L&O SVU S4 #24 名前が覚えきれないなのでは。    2009.07.14

今回の被害者は15歳少女でした。一見してそうはみえないだろう!ってな大人っぽい女の子だったわけです。

ERに運ばれ、暴れたので隔離室へ入れられてましたが、「襲われたんじゃない」といってオリビアさんの名刺だけもらって出て行きました。
手にクラブの入場ハンコが押してありました。ゾウさんマークです。
受付でまた一もめしてたようです。レイプ犯がきて彼女をさらっていったかも?ってなことのようです。
駆けつけたオリビアさん、すでに遅しでした。とりあえず、いなくなった少女を探すことに。

結局寝ずの捜査になってしまいました。オリビアさん。
この時点では名前も正確な年齢もわかってません。
そうこうしてるとハドソン川のほとりで女性の遺体があがりました。
彼女でした。遺体の口の中にオリビアさんの名刺が突っ込まれてました。

死んだ少女の友達関係から洗っていくとお金持ちのお嬢様とかその男友達とかモリモリ浮上してきます。
どうやら男友達がグデングデンに酔ってた彼女を何人かでレイプしたようです。
お金持ちボンボン連中なのですが、一人捕まってないヤツが。
そいつにそそのかされた!とか言うボンボンたち。「マックス」ってな名前のようです。

「マックス」を探して家に行くとホテルの駐車係で事情を聴いた男。どうやら名前を偽り、「金持ち」のフリをしていたようです。
ミッチとかってな名前のようですが、よ~く調べるとコヤツ少年時代に3歳の幼児を焼き殺したってな前科持ち。

さて。
この「ミッチ・マックス」君ですが、金持ちボンボンをはめるために母親とかも自由に操り「いい子のふり」をするのが得意だったようです。
ステーブラーさんもオリビアさんもコヤツの反省のなさにあきれ果ててます。
とりあえず、この洗脳されてた母親を説得し、裁判では証言をしてくれました。
全部、有罪です。

今回発覚したのは、15歳少女をレイプし、誘拐、あげく絞殺ってなことだったわけですが、この罪を金持ちボンボンに着せようと諸々画策してました。
でも彼が住んでたアパートの持ち主老女、行方不明なんだそうです。彼の良心に賭けてみたオリビアさんとステーブラーさんですが、「見つかったらおしえてね~♪」とか言いつつ引っぱられていきました。

リリーさんとこで逮捕されてたミゲルっぽいバカ不良でもム所の中で厳しい教育をされたってのに、コヤツは少年院で19歳には出所ですか。
困ったもんです。

ただ、一番困ったなぁ~なのが「来週からしばらくSVUの新作が見れない」ということかもしれない!とか思いつつ新シーズンまでお休みです。

ReGenesis S4 #12 雪中放置が一番ヤバイかも。    2009.07.13

CIとSVUをじっくり視聴しつつ感想書きしようと思ってたのですが、カナダのおかしなドラマが風呂敷を広げすぎてタイヘンなことになってきたのでこちらから。

え~~~~と。
とりあえず、新ネタはモルドバで謎の伝染病が発生。
現地に入ってるWHOの医師でカルロスさんの大事な友達からNorBACに研究依頼。
イロイロ送ってもらって調べていくのですが、何やら突然
「日本脳炎だったから、ありがとね~!」ぶち!
ってな衛星電話メールで打ち切り。
気になるカルロスさんが現地へ。

ニーナさんは退院してすっかり元気。ただヤコブソン器官がなくなったので他人の思考がわからなくて孤独、とか言ってます。
この人一生デビッドさんの監視下の病院へでも入れておくべきでした。

カルロスさんかモルドバへ行く前にニーナさんが妊娠してる胎児のDNA検査をするとなーんとボブのクローン。
一生子供を持てない!とか悩んでいたボブ自身も愛するニーナさんが倫理上どうあれ「自分の子供」を受胎してるのです。
産んでほしいと切に願っているようです。
一方、デビッドさんはこの倫理的にも政治的にも科学的にもオカシナクローン人間の出産を望みません。
そんなわけで、ボブはデビッドさんを拒否中。

当のニーナさんはどうか?というとボブの前では
クローンなんて知らなかったわ!どうしよう!でも私、産みたい!
とか言ってますが、実はロスさんの研究の賛同者で元から人クローンを産む実験に希望して参加したようです。
これもデビッドさんとボブにばれますが。

そのロスさんですが、なんだかボロボロです。幻覚とか見えてるようです。
彼自身もヤコブソン器官を移植したのでしょう。ようやく会えたデビッドさんの目の前で頭を撃ち抜いて自殺しました。
このロスさん、4シーズンが始まってからずーっと世界各国の元首や主要人物に
お猿さん実験」でやった同じことをしていたようです。
と、いうことは
「殺し合いをするお猿さん」的国家元首がワラワラ誕生
してるってなことになってしまいました。
ロシアの国防大臣とかにもやっちゃったらしく、おもちゃ代わりに核ミサイルのボタンとか押しそうなことが想像されます。

目の前でロスが死んだことより、お猿さんが核ミサイルのボタンを握ってることより、ボブとニーナさんの研究結果を全て渡せ!私が大将!とかいうリドルマイヤーさんよりももっとタイヘン心配なことが起こるデビッドさん。
情報を裏で必死に集めていたメイコさんですが、カルロスがスパイ容疑で投獄、しかも投獄したモルドバのえらい人は「お猿さん実験」の検体でした。

そのカルロスさんは、投獄され拷問されボロボロ。ようやく大事な友達に会えたようですが、彼が来週まで生きているのかちょっと疑問です。
メイコさんはとりあえず外務省とかに行ったようですが、多分ダメっぽい状態です。
デビッドさんはボブとニーナを見つけ、ボブを説得しようとしますがニーナに殴られ、雪中放置状態。

さて次回はグランドフィナーレなわけですが、公式サイトの予告に「どこまで夢オチ?!」ってなカンジの記述があるのがゲンナリなんですが、とりあえず科学者の範疇を突破しまくった題材におなかいっぱいになりつつ楽しみにしていましょう。

名探偵モンク6 #15 やっぱり家系だったようです。    2009.07.13

Tag [MONK] [Season6]
合掌。ケビン・ドーフマンが死んでしまいました。
サブキャラの中ではハロルド・クレンショーより好きだったのでとっても残念です。
ただ、こないだ逮捕されてたハロルドは幾分イイカンジ(゚∀゚)とか思いましたが。

今回、犯人役がSteve Valentineさん。この人もイロンナところに猛烈なインパクトで登場する方。
最近ではボストンリーガルでスタークさんの上司の人っぽい女優に付きまとうパパラッチとかしてました。
ワタシ的には、ダーマ&グレッグとウィル&グレイスでヘンな人をやってたな~感が強い方。
モンクさんでは有名マジシャンで日本語の声の中の人はな~んと大塚ベントン明夫さん。
前回明夫さんが声あてされてた時は、一家総出演ってなエピでした。
ダイヤモンドを探してヘボ探偵たちがモンクさんに群がる!ってな回です。
お父さんも奥さんも登場してたので、絵面より音声の方が気になったもんです。

さておき。
有名マジシャンの代役で舞台に立ったケビンですが、ヤッパリボロボロ。
個人的に彼には落語とか覚えてもらった方がよかった気がします。
エンターティナーになりたかったようです。
モンクさんが楽屋に様子を見に行ってみると死んでました。
モンクさん、数少ない貴重な友人をまた失ってしまいました。

めげずに捜査に参加。ケビンのお葬式にも出席します。
遺影はナタリーがフォトショで加工したそうです。
口がしまってる写真がなかったようです。

お葬式。友達もネタっぽい話を繰り広げてます。ケビンのおばさんは挨拶したら話が止まりません。
これはドーフマン家の家系的な遺伝だったようです。
確かケビンにはお姉さんか妹がいたはずなのですが、彼女もそんななんでしょうか?
ドーフマン家の感謝祭とかが恐ろしいです。

葬式で有名マジシャンに会うモンクさん、一目見て「コイツが犯人!」と見抜きます。
証拠に乏しいのでなかなか尻尾がつかめません。

有名マジシャンのショーの時、舞台に引っぱりあげられたモンクさん。
人体ジグザグボックスとかの中で麻薬反応とか調べてました。
舞台上でも閉所。とっても怖いのですが「ケビンのため!ケビンのため!」と自分に言い聞かせてました。
顔が出たとき舞台上で「経緯はこうです」をやろうとしたのですが、舞台下の奈落に落とされました。
そして監禁されます。

すんでのところで殺されるところだったのですが、有名マジシャンのオッパイアシスタントがキスで手錠のカギとか渡してくれようとしてたのに、モンクさん拒否ってしまい、アシスタントがピンチに。
まぁストットルマイヤー警部とかやってきて無事だったわけですが。

ケビンの遺言ビデオを見るナタリーとモンクさん。
やっぱりウザイビデオです。
でも今日はしっかり堪能するようです。

次回で今期のモンクさんもおしまいなのですが、ファイナルはやっぱりトゥルーディネタのようです。

Cold Case s5 #1 今週は、Nirvanaでした。    2009.07.12

ヴェラは神様だったようです。
キャットのチキンをくすねて怒られてましたが。

アッサリリリーさんが回復しています。一応時間は流れているようですが、まだ内部調査とかしてるようです。
リリーさんが撃たれた件、およびスコさんが撃った件はしばらく尾を引きそうです。

今回の事件は94年に3人の少年が撲殺され、不良な兄ちゃんのたまり場だったプールに捨てられていたことで10数年も無実の罪を着せられていたミゲルっぽい人とかのお話でした。

犯人は被害少年の父親でした。
幼少時虐待され、暗闇恐怖症だったことを自分の子供とその友達にからかわれ、逆上したようです。

ミゲルっぽい濡れ衣を着せられてた囚人は、ホントに無実だったようです。
サクサク釈放されてました。
一緒に服役させられていた当時の友達はム所で首吊って自殺したようです。
そんなこんなでその母親が今回の捜査の依頼に来てました。

リリーさん、ボスに「カウンセリングは必須」とか「スコが担当しろ」とか言われてましたが、彼も撃たれたはずなのでイロイロ苦労が多いのでしょう。
取調室で動悸がおさまらなくなったリリーさん、確かに何か対策が必要です。

次回、スコさんが生贄になるのかな~とか思いつつ次回に続きます。

余談ですが、結局無料放送を見逃してしまいました。
またやってしまった感がヒシヒシです。

The Closer S4-#06 ワンコを引き殺さないでください。    2009.07.12

新居をそろそろ決めないと!ってなことで仲直りしたフリッツさんがめっちゃ郊外の物件のチラシとか持ってきますがブレンダさんは乗り気ではない様子。
家族用な大きい家なのですが。
そんなこんなでもめてるとガブリエルさんから電話で13歳の少年が失踪したとのこと。
重要失踪者かも!とフリッツさんも同行することになります。

ところが、通報した家族も警察の対応にビックリ。大げさなことになってるとか思ってるようです。
心配してきたものの、この失踪少年、ロシア人の養子の子で里親の家で大暴れ!ってな子だったようです。
家出も何度となく。
姉(実子)も可愛がっていた猫を殺されたり、自分の髪を寝てる間に切られたりと被害にあってるようです。
失踪少年の部屋はサイコな落書きでいっぱい。姉もサイコな奴だった、あいつの心配よりあいつの起こす犯罪の心配をした方が、とか言ってます。

怪しそうなお隣さんは、庭に何か埋めてましたがどうやら飼い犬を失踪少年にひき殺されたようです。
少年に恨みこそ抱いていたようですが、愛犬を殺されやけ酒を飲んでたそうです。

ポープさん、両党の大統領候補が3時間後にくるから警備しなきゃなんないし!とわがまま不良少年の失踪は特捜班にお任せしてテイラー警視正の捜査本部は解散させました。
フリッツさんに呆れられてましたが、ブレンダさん自身も「重要ではないっぽい」と判断。

捜査する人数が減ったからか両親がブレンダさんたちの様子をうかがいにきます。
そんな両親からちょっとヒントっぽいものももらったので、隠れ家にしていた下水口とか探しに行くと少年の遺体がありました。

フリッツさんは殺人事件になったのでブレンダさんにお任せです。

セクシーガイな検死ドクターが「工具痕っぽいのがあるよ」と教えてくれます。
少年の特徴あるキズの皮をはいでもらいます、ブレンダさん。
湿気の多いところだったので死亡時間の特定が難しいようです。
ポープさん、これにはちょっと自分の判断ミスを認めざるをえません。

犬を殺して怒られてから一緒に逃げてたっぽい友達をサンチェスさんとフリンさんが連れてきてくれました。
ブレンダさんがお話を聞くと、彼は殺された少年に自分がゲイであることを知られ、脅されていたそうです。

どうやら諸悪の根源は、殺された少年のようです。
みんな彼を嫌いで恨んでいたようです。
両親だけが彼の身を案じていました。

が。

姉を逮捕して両親を同行させると、実はこの両親・父親の方が手を下していたようです。
少年に家族を壊されたから、と話します。

閑静な住宅街に住む家族でしたが、そんなこんなでボロボロに。

フリッツさん、遠い大きな家より今の家でしばらくいいよ!とか納得しました。
ポープさんにも謝罪してもらえましたし、彼は優しいので無問題のようですが。

友達少年を探してきたりプロベンザさんのお守をしたり、先週は激しくいい笑顔で笑っていたサンチェスさんですが、ベガスで囚人になってたかと思うと娘を殺されたり、来週はサンチェスさん自身の弟を殺されるかも?!ってなお話のようでイロイロ大変そうです。

CSI:8 #13 ダブルヘッダーなわけですが。    2009.07.12

サンチェスさん。チョイ役すぎました(´・ω・`)・・・来週のブレンダさんに期待しましょう。

3歳ぐらいの幼女の遺体が箱に入れられて通りに捨てられていました。
ショッキングな事件に報道とかも過熱気味です。

箱からメーガン法の対象者な男を一人しょっぴいてきます。
キャサリンはコイツがぁゃιぃ!とにらんだのですが、クマ主任は「男の言い分も通るよ」とか言ってます。

身元が全く分からなかった遺体の幼女ですが、囚人サンチェスさんの娘さんだったようです。
ご飯時にニュースをみて暴れ出しました。
奥さんは新しい旦那を見つけて結婚していました。
調べるとこの旦那と奥さんが子供を連れて逃げてました。

立てこもった先のダイナーで子供から解放する旦那。
人質も解放されます。でも、奥さんが出て行くのを嫌がり暴れたので警察の銃弾に倒れます。
残った旦那は「全部自分がやったことにするから書類作って、弁護士もいらん」とか言ってます。

一緒にいた子供に話をきくとかくれんぼ中の事故で幼女がグッタリしてしまい、病院に連れていく途中で死亡。
その辺にあった箱にいれてその場を去ったそうです。
再婚相手な旦那も奥さんもこの娘をかわいがっていたようです。

さて。事件が後味の悪い状態で終わるのですが、キャサリンが最初に疑ってた男が帰宅前のキャサリンの前に現れました。
彼女に捨てられ、住むところもなく、仕事もクビとのことです。

彼がメーガン法の対象になったのもクスリのやりすぎでハイになり、子供たちが遊んでいたところに全裸で現れたから、ってなことだったようです。
うーん・・・な展開です。

言いたいことを言いまくって去る全裸で失敗くんですが、キャサリンには十分恐怖だったようです。

インタビューのブラス警部の中の人がやっぱりカッコイイな~とか思いつつ次回に続きます。

Dr.House S4 #05 自分にかけてみては?    2009.07.09

チェイスが胴元を始めたようです。表向きは。裏の胴元はヤッパリハウス先生でしたが。あがりの15%をいただいてるようです、ハウス先生。
チェイスとハウス先生、こんなところで仲良しだったぽいです。

今回の患者さんはミラー症候群らしいです。
サバイバルなみなさんがイロイロ検査をするのですが、自分の本音的部分をスバスバ言われてしまいます。
影の薄い人と思ってた人、国境なき医師団の人でした。
そろそろ病院が飽きてきてるっぽいのですが、結婚するから就職してくれ的展開のようです。

フォアマンが帰ってきました。ハウス先生が拒否ってます。カディとなんだか中学生的いじめ合いをしてるようです。
あれはあれで『信頼関係』なのかもしれません。ウィルソン一人、カディを止めてましたがカディもノリノリなので止められません。

チェイス胴元の「脱落者は誰?」にフォアマンまで入ってるようです。
しかもキャメロンが賭けてるようです。

今回の患者さんもいろんな症状が出て「ワケワカラン!」になるわけですが、ハウス先生の選択が正しかったらしくフォアマンはゲンナリのようです。

今回のテーマは「不幸は最小限に」だったようですが、フォアマンの不幸はフォアマンの人生の半分ぐらいを占めてるようなのでどうなるのかな~とか思いつつ次回に続きます。

名探偵モンク6 #14 デニースは双子だったようです。    2009.07.06

Tag [MONK6]
今回のゲストは、Julie Bowenでした。おもえばEdのキャロルは若かったなぁ~とか思うのです、この方。
ボストンの弁護士さんでいきなり出産してたデニースです。
3シーズンはジェリーにオイシイトコロをすべて持っていかれたカンジなので、男漁り→妊娠と出産しか記憶にありません。
彼女は弁護士だったっけ?状態です。


さておき、モンクさんです。
金欠が続いているモンクさんですが、旧友から依頼があります。
相手は昔モンクさんが「お流し」をされていた相手。元いじめっ子です。
お流し」とは、便器に顔を突っ込まれて水洗されてしまうという悲惨なイジメです。

トラウマと恨みのある相手ですが、ベル先生にも勧められとりあえず会うことに。
すると奥さんの浮気調査依頼とかしてきます。
ここで黒モンクさんが浮上。
積年の恨みを「奥さんの浮気、決定的証拠」を突き付けてはらしてやろう!とか思ってるようです。

奥さんっぽい女性が他の男といるところを40年前におばあちゃんにもらったカメラで激写しますが、ボケボケで写真は信ぴょう性皆無。
一応、お仕事したんだしお金は払うよ!でもこれじゃ妻の浮気の証拠にはならないね!とか元いじめっ子にも言われてしまいます。

元いじめっ子に恨みを晴らしきれないモンクさんは、もっと決定的な瞬間を!とデジカメをナタリーに買いに行かせました。
そうこうしてると警部からお電話。
なんと奥さんっぽい人が会ってた男が殺されたそうです。

ここぞ!とばかりに警部に「浮気調査をしてたこと」や「元いじめっ子の名前」とか守秘義務そっちのけでチクります。
元いじめっ子、逮捕されます。でも奥さんと一緒にいた!とかいう元いじめっ子。
奥さん、警察にきて「主人があの男を殺した!」とか言ってます。

これは双子か!と思ったら、ホントに双子でした。
ディッシャーの推理なみな展開です。
この双子な奥さんと奥さんっぽい女性の2役をJulie Bowenが。
吹替えが入ってても悪役時も奥さん時もしぐさがとってもデニースだなぁ~とか思ってしまいました。
彼女、根本的に変わってないです。そうキャロルのころから。

この双子に気付いたモンクさんが警部と一緒に元いじめっ子の自宅へ行くと、奥さんピンチ!ってなことになってました。
現行犯で逮捕される奥さんの双子の妹。
モンクさんのトラウマと恨みもあまり消えてないようですが、元いじめっ子はモンクさんに感謝していました。
次回、なんだか久しぶりにケビン・ドーフマンがデルー!とか思ってたらアッサリ死ぬようなのでショボーンなまま続きます。

L&O CI S2 #03 こういうときのイームズさんは頼もしい気がします。    2009.07.06

今回、犯人逮捕できませんでした。しかも身柄を拘束、居所把握もできず、煮え湯を飲まされるゴーさんです。

今回殺されたのは、大学のえらい人。イロイロ人事権とか持ってるっぽいおっさんでした。
次期学科長を決めないといけないのですが、ライオネル・リッチーっぽい教授と死んだえらい人は、どうも対立していたようです。
もう一人、おばさん教授が学科長の地位を狙ってるようです。
客員教授のオーストラリアからきた女性教授とも仲良しのご様子。
そしていつまでたっても論文が完成できない貧乏学生っぽい大学院生。

このあたりが、今回の「大学のえらい人殺人事件」の関係者です。

The Closer S4-#05 とりあえず『Det. Lt. Provenza』でスピンオフ作ってください。    2009.07.06

Tag [The] [Closer] [Season4]
来ました!「特別観覧席」に続く猛烈オモシロエピの「崖っぷちのプロベンザ」。

事件の概要を普通に書くと、

囮捜査として夫殺しを依頼されるプロベンザ警部補。
首尾よく殺人依頼をしてきた妻を逮捕し、証拠を自分の車にしまった後その車が何者かに強盗されてしまう。
さらに無事だったはずの夫が、釈放後の妻の目の前で殺されてしまう・・・。
プロベンザ警部補の失態にポープ副本部長の最後通告がブレンダに。
自らの進退をかけた老兵プロベンザ警部補の時間との戦いが始まる!

とまぁ、こういうカンジだったわけです。
以下、いつものペースで。

L&O SVU S4 #24 某所の「お猿さん実験」なのでは。    2009.07.06

SVUもカナダのオカシナ仲間たちも残りエピ数がとてもすくないのですが、「クローン」です!(`・ω・´)b
NorBACさんのS1でクローンな少年が登場していましたが、最近のデビッドさんは「夢物語」とか言ってました。
現時点では未見なのですが、どうやら例の赤ちゃんはクローンらしいです。公式予告に堂々と載ってました。

それはそうと、米新シーズンのステーブラー・オリビアコンビ契約更新!ってなニュース。
とっても嬉しい限りです。特に、マリスカさんはどうなることやら!!とか思っていたので。
とりあえず、そのシーズンも含めてさっさと続きを放送しまくってください、狐犯罪さん!

で、今回のSVUですが路上で少女が死んでましたってなところから開始。
元々は、別の事件を追っかけてた警官が犯人相手に発砲したら足元に少女が死んでたってな状況。
いやーな刑事さんがステーブラーとオリビアに捜査協力を求めてきます。
嫌そう~なお二人ですが、とりあえず協力して調べることに。
どうやら、この少女はいやーな刑事さんが追っかけてた事件とは無関係のようです。

遺体の状況からホームレスっぽく見えたのですが、どーやら違うようです。死んでた少女は、家出してたようです。
プラチナのオーダーメイドの首飾りとかしてたので、出元をつきとめるとなんだかぁゃιぃ医者が登場。
不妊治療とかしてるっぽいのですがこのぁゃιぃ医者、いろんなところでぁゃιぃ出資をしてました。

まず、ホームレス少女を回収して勉強とか教えていたおばさんの学校。
そして知識ビルダーってなちょっと困った名前の啓蒙塾っぽいところ。
知識ビルダーに通う有望そうな少女をおばさんの学校へ送り、そこで「クローン人間の妊娠実験」とか称してぁゃιぃ医者の子供を妊娠させらるってな仕組みです。

普通に考えるとそんなことに進んで協力する少女はいないっぽく思えますが、何らかの事情で孤立や孤独を感じた少女を知識ビルダーで洗脳し、「誘拐」にならないように「家出」をさせ(もちろんお金は知識ビルダー提供でした)、家族的な学校でともに生活しながら洗脳しまくっていくってなからくり。

でも、ぁゃιぃ医者を起訴するには証拠不足。
失踪届とか出ていた少女がおばさんの学校で見つかるのですが、この娘もすっかり洗脳されていて「進んで妊娠した」とか言ってますので「医学上、合意の上の妊娠」ってな状況です。
最初に死んだ少女の件がしっかりこのぁゃιぃ医者につながってることを証明しなければなりません。

そこで、失踪届とか出ていた少女を親元に帰し、いろいろステーブラーがお話を聞きます。
お話していくうちに、自分の体に行われた事実を知ることに。
「クローン人間を妊娠している」とか思わされていたようですが、実際は「ぁゃιぃ医者の精子」を入れられただけ。
死んだ少女のことも話してくれました。おばさんに死んだ少女が警察にいく!とか言ってる、ってなことをこの少女がチクってしまったため、おばさんを通してぁゃιぃ医者の知れるところとなり、少女は始末されたようです。

次に洗脳をといたのは、おばさん。
少女たちにホルモン注射と生活を与えていたおばさんですが、この人自身、娘を失っていたようです。
そこにぁゃιぃ医者が付け込んだようです。
ステーブラーたちが「おばさん一人の責任にするつもりだよ!これ以上、かわいそうな少女を作らせないで!」というと改心したようです。

裁判の席上、おばさんが「ぁゃιぃ医者に言われてホームレスっぽくみえるように遺体を捨てた」とか証言します。
すると医者がわめき出しました。彼のカリスマもここまでです。

結局、クローンは空想上のお話ってなことでした。
証言台にたった少女、どっかでみたな~と思ったら、Rose Redのアニーちゃんでした。
相変わらずちょっと不思議ちゃんでした。彼女を見たら久々にRoseRedを見たくなったのは内緒です。
余談ですが、RoseRedにボーンズさんが出てたのを後で知って驚愕したものです。
あの頃はまだそんなにエラが張ってなかったように思います。

月曜日には「ニーナさん、ボブのクローンを妊娠!!?工エエェェ(´д`)ェェエエ工」ってなことを書いていそうですが、ステーブラーさんたちのは空想だったってなわけで次回がシーズンファイナルです。


Dr.House S4 #04 メリンダさんも診察してみては?    2009.07.01

今回の患者さんはメリンダかアリソン?ってな幽霊を見ちゃう女性。
職業は遺体処理のようで、安置されていた遺体が起き上がって自分を襲うってな幻覚に体まで反応してしまい、癲癇をおこして入院、ハウス先生チームの元へ。
ERで彼女を引き受けたのは、どーやらキャメロン。

ハウス先生チームもハウス先生自身も「幽霊が見える」なんて初めから信じている人間は皆無。
でも患者さんが「車いすに座った犬を連れた男の人がいる」とか「13番が殺した」とか言います。
さすがに先週の今週なのでこれは引かざるをえません。

ずっと母親も側にいるとか言います。ハウス先生のおじいちゃんはウォルターさんだそうです。
これ、結局LSDの原料的な加工されてないライ麦パンを食べてた患者の幻覚・妄想だったわけですが、かなり的確に彼女に関係ない死んだ人のことまで語っていた部分もあり、本当のところは謎です。
クロイツフェルトヤコブ病やらパーキンソン病やらイロイロ今回も病名が出てきましたし、患者の様子も悪夢を見たり、腕から血を吹いたりと原因がわかるまで容体も謎な状態でした。
気がついたのは、「金髪びっち」。金髪びっちは、13番が嫌いなようです。

キャメロンは新チームに誰が残るにせよ応援したいっぽいです。
チェイスは、ハウス先生の話もあんまりしたくないっぽいです。まぁ、あれだけコケにされたのですから仕方ないです。

今回、チームは7人から6人に減るわけですが、結局医師免許のなかった爺さんがNYPDにお帰りになることになったようです。(嘘)
ものすごく意見のあう爺さんだったわけですが、「ハウス先生と同じ意見の人間はチームには必要ない」というわけで失格のようです。
残念です、爺さん。NYPDでイヤな警視正をしているより全然ステキだっただけに。

13番とビッチ、モルモン教と9番、整形外科医と影の薄い人が残りました。
ここに来週からフォアマンが帰ってきます。

結局、NYの病院をクビになり、いろんなところで求職しますが「ハウスの下にいすぎた」のが災いだったようです。
フォアマンが「ハウスになりたくない」とか言ってましたが、すっかり「ハウス色に染められていた」ということがハッキリしたまま次回に続きます。
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。