日々マタリ@

海ドラ専用に移転しました(`・ω・´) 新旧問わず見たもん順! 海ドラの簡単感想

☆ご案内☆
(`・ω・´)
自室にTVがなくなってしまい、更新が滞っております。
視聴順にup予定・・・(´Д`)ハァ…
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
視聴中!
Law&Order Criminal Intent
祝☆2シーズン 狐本家
クローザー
祝☆4シーズン
LaLaTV
Dr.HOUSE 4シーズン
祝☆4シーズン 狐本家 
9月半ばまでお休み中
コールドケース 5シーズン
WOWOWにて5シーズン!
NCIS 4シーズン
狐本家

Boston Legal
謎の再放送中 狐本家
Numb3rs
狐本家
NCIS新シーズン放送に伴い、しばらくお休み
Law&Order SVU 4シーズン
早く5シーズン放送してください!

CSI:マイアミ 7シーズン
秋まで絶賛干からび中!
CSI:NY 5シーズン
冬まで運転中
クリミナルマインド
冬まで絶賛爆発中!
名探偵モンク 6シーズン
次シーズンはグランドファイナル?!
CSI:本家 9シーズン
来春まで絶賛死亡中!

ReGenesis 4シーズン
妄想のまま終了!
かてごり+
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
ページ移動
月別アーカイブ
いらっさい!
プロフィール

まうゆん☆

Author:まうゆん☆
海ドラのみを分離独立!(`・ω・´)

RSSフィード
TOP > 2009年03月

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

L&O CI S1 #16 エイムズさんはマッチ売りの少女だったようです。    2009.03.30

CIを見る前に春からの視聴予定など整理していたのですが、すでに何がなにやらです。
とりあえず、ゴーさんはほっさんが空港で干からびている間の清涼剤なので視聴続行です。

さて今回は。
公園の人気のないところにムショ出2日目のおっさんが刺殺体で転がってました
昔、ゴーさんとエイムズさんが扱った犯人だったらしく、今回もお願いね!とか言われます。
殺されたおっさんが散髪屋さんに行った後っぽかったので散髪屋さんにもお話を聴きます。
昔の女がいたっぽいことを聴いたので、その人に会いに行きます。
でも、この女の人、奥さんっぽかったようですが、殺されたおっさんが獄中なのに浮気してそうなことが発覚したので愛想をつかしたそうです。
その相手の名前がわかったので会いに行くゴーさんとエイムズさん。
ハイソな宝石店勤務の女性でした。でも、殺されたおっさんは知らんの1点張りです。
でも宝石店勤務女性、よく調べて見ると殺されたおっさんの妹でした。
おっさんが服役するころに名前を変えていたようです。
昔の自分を抹殺するために兄貴をころしたのかも?ともう一度、署でお話を聴きます。
どうやら宝石店勤務女性、国連関係にお勤めの彼氏にハイソな彼女として結婚してもらうのが希望だったようです。
ゴーさんたちの前でチンピラの妹的本性をさらけ出してましたが、翌日メタメタの意識不明で病院に担ぎ込まれました。
殺された兄貴同様、スタンガンの痕があります。
スポンサーサイト

L&O CI S1 #15 判事さんたちも人間です。    2009.03.27

今回の悪い人は、判事さん2人。
事件は、白髪判事さんのアシスタントのお姉ちゃんが殺され、カーバーさんがいきなり現場へ呼びつけられるところから始まりました。
ゴーさんとエイムズさんは後から合流。
嘔吐物のにおいがする!とクンクンやっているゴーさんをみて、
いつもあんななの?」とかエイムズさんに聞くカーバーさん。
そういえば、現場でカーバーさんとゴーさんがご一緒することはなかったですね。

某LAの検事さんは、しょっちゅう事件現場に登場してましたが、娘さんとうまくいったんでしょうか?気になります。

さておき。

調べていくと、殺されたお姉ちゃんを雇っていた白髪判事さん、やっぱりこのお姉ちゃんとできてまして、しかもゴーストライターとかさせてたようです。
判事さんの上の職につくために選挙でがんばろうとしていたのですが、この人どうやらハイスクール設定でもよくいる「名士の息子でできる子から宿題とか買って自分がやったとかいうタイプ」の人のようです。

さてこの白髪判事さんの上級への選挙出馬をよく思っていなかった黒人判事さん(ジャイアンっぽいです)、イロイロ白髪判事さんのよくないこととか教えてくれます。
逮捕状もこの人が発行してくれました。
ただ、このジャイアン判事さんはどうもチンピラ臭がします。
元ボクサーとか這い上がってきたぜ!1匹オオカミだぜ!感もあるのですが、人を蹴落とすためなら何でもやるっぽい人のようです。

Criminal Minds S3 #12 あんまり覚えていませんでした。    2009.03.25

今回、ちょっと某ゲー中毒中のため、あまり覚えていません。
多分!

・高校生っぽい女の子が2人拉致られて、一人は殺された。
・その一人は、連邦保安官の人が証人保護してた父娘の娘だった。
・父は、かなり凶暴だった人だが、娘の母(死んでる)に誓って娘を守るらしい。
・娘は、生きてるけど凶暴高校生風に拉致られてる。
・天才ががんばってた。
・父、チームより早く娘が拉致られてるところで犯人と対峙。
・天才が駆けつけ、説得するも父は犯人を射殺。
・娘は無事助かる。
・よっぽどの事件の証人だったらしく、父娘は別の街で暮らすことに。

今週、CIの録画がモロモロ失敗したので木曜日にリベンジ!を誓いつつBAUも次回に続きます。

Criminal Minds S3 #11 やっぱり離婚でした。    2009.03.18

なんだかJJが浮かない顔です(´・ω・`)

今回は、20代の女性が連続で行方不明になり、その後死体がバラバラで発見される、ってなお話。
この犯人さん、まず女性を拉致ってつるし、拷問の限りを尽くし、死にそうになると次の獲物を拉致って来て、次の女性の目の前で弱った前の女性を殺す、ってなとんでもないヤツです。

この犯行に酷似した事件が27年前にあったようです。少女が一人惨殺されていました。
当時の保安官は優秀な人だったのですが、この事件のおかげで壊れたようです。
ヒゲさんがお話を聴きに言ってました。
元保安官、日本語の声が元首席補佐官の方でした。゚(゚´Д`゚)゚。

27年前の事件も同時に捜査に入ります。
当時、近所で他に誘拐や失踪、レイプなどがなかったか調べると、1件別の郡で似たような事件がありました。
当時の被害者に話を聴きにいきますが、最初は事件自体が自分の狂言だったとかいってます。
でもどうみてもなにか隠していそうです。
何気に日曜にもこんなの見た気がします。
当時の事件の唯一の生き残りなので情報はノド手でほしい皆さんですがちょっと我慢。

元保安官に当時の人間でプロファイルに合致する人間を上げてもらうと、その人すでに死んでました
当時の犯行の状況なども外部には漏れてないはずなので、
・27年前の犯人の近親者であること
・現在20代ぐらい
・27年前の犯人のプロファイル同様、仕事を休みがち、酒飲み、飲酒運転、暴行などあるっぽい

こんな人間をさがします。

すると、2人浮上してきました。
1人は、27年前の事件の被害者が事件の直後に出産したレイプの果てにできた息子さん。
もう一人は、27年前の犯人の奥さんの実子。

L&O CI S1 #14 笑顔が笑ってません!    2009.03.16

結末からいきますと、犯人逮捕できました。
しかもものすごい証拠をゲットできたおかげ。
このものすごい証拠を提供してくれたのが、被害者でレイプまでされちゃった少女。
この娘の勇敢な証言とそれを引き出せたゴーさんの勝利です。

しかし・・・。
今回の事件は、悪人が多すぎました。しかも鬱展開。

◇悪人リスト◇
最悪 元セルビア義勇兵の高利貸し誘拐犯
 ↓ その手下
 ↓ 口利きしてたおっさん
 ↓ 借金しまくってた被害者家族の父親
 ↓ 厳しすぎの金持ちな被害者家族の父親の父親
ヘタレ 名前が出て知名度が下がるのを恐れた被害者家族の父親勤務の会社

一番悪いヤツを上にあげたリストになっていますが、共通して言えるのは「みんなヘタレ」
基本ヘタレに「悪」要素を付加していくとこんなカンジになると思われます。


まず、事件が発覚したのはおばあちゃんが娘一家に会いに来たとき。
家族がいないことを父親に告げますが、病気で病院いった!とか言って、追い返されます。
これが腑に落ちなかったおばあちゃんがゴーさんたちのところへ来ました。

父親は非協力的で誘拐すらなかったとか言ってます。
でも、犯人からかかってきた電話で今日中に金をそろえないと家族がタイヘン!とか言われます。
しかも、実況娘レイプ電話を聞かされる羽目に。
この父親、実は証券会社勤務で横領とかしてました。
そのため、高利貸しに家族を誘拐されていてもゴーさんたちに協力を求められなかったようです。
流石にこれは自分自身ではどうしようもないので、金持ちで厳し過ぎる自分の父親のところへお願いに。
孫がレイプされてる、とか聞かされたのでさすがの厳しいじいちゃんは金を出してくれました。

これも秘密裏に行われたようで、ゴーさんたちが絡む隙もありませんでした。
しかも母親と2人の娘は家に戻ってました。
ゴーさんたちが会いに行くと、どうみても悲惨な事件に巻き込まれた被害者の様相です。
でも本人達も誘拐を否定しています。
言いだしっぺのおばあちゃんまで否定します。

しかたないので、コッソリおばあちゃんを攻略すると、ちょっとづつわかってきました。

厳しい金持ちじいちゃんにも会いに行きますが、なんだかです。
横領の件もあるので、それを使って父親を拘束尋問しようとすると、イメージダウンを嫌った会社が横領を告訴しないとか言ってきました。

それでもがんばって調べていくと口利きしてたおっさんをゲットできました。
( ^ω^ )ニコニコしながら尋問してます、ゴーさん。
目が全く笑っていません。ある意味恐怖です。

Criminal Minds S3 #10 クリミナルマインド的「箸休め」でした。    2009.03.11

今回は、犯人がかわいそう!なエピでした。
犯人サイドから、自分の犯行の記憶や失った大事なものの記憶や壊れていく自分を描いていたエピなので、チームメンバー描写は少し薄味。
鋭利な刃物での連続殺人、犯人は怒りに震えている、これが今回のプロファイル。

現場で捜査していたヒゲさんと話をする犯人ですが、自分が何をしているのか?よくわかっていない様子。
この犯人、売れっ子漫画家で彼女が妊娠したのを期に結婚しよう!と今まさにプロポーズ!ってなときにストリートギャングに襲われ、彼女を失い、自分も生死をさまよう大怪我をした、ってな方でした。
この悲惨な体験から自分の現実がわからなくなってます。彼女が死んだっぽいことや自分が襲われたことも全て架空の漫画の中での出来事であるかのようです。
そのシーンを必死で絵にしますが、現実感は全くないようです。認識できていません。
死んだ彼女の携帯にずっと留守電をかけ続けています。

事件での恐怖体験と喪失が、激しい怒りを生み、深夜の無差別殺人、そしてストリートギャングへの復讐へと進んでいきました。

結局チームと地元警察に逮捕されるのですが、彼は病院送りになるっぽいです。
それでも彼女の携帯に電話をし続けることだけが、彼に残された現実のようです。

かなりの鬱エンドなのでした。ただ、犯人と同じように何気に「クリミナルマインドをみた!っていう現実感がない!」ワタクシだったりいたします。

そして、今回のNG集を最後にオマケインタビューは、おしまいのようです。
部屋を散らかすのが好きっぽいメガネ君に怒り心頭なガルシーのまま次回へ続きます。

L&O CI S1 #13 胃薬服用が発覚します。    2009.03.09

今回、ゲストに見知った顔が。
骨屋で退場のためイキナリすごい犯人にさせられちゃった坊ちゃん博士っぽい人とか
恋愛医者ドラマの人っぽい人とか出演されてたのですが、全体的に薄味。

話のポイントは、
・対決!ワガママお嬢様VSゴーさん
・対決!胃薬常用ゴーさんVS堕ちたFBI潜入捜査官
・エイムズさんはマッサージが必要!

・ゴーさん達は「Major case squad」重要犯罪捜査班

こんなとこでしょうか?
前々から気にはなっていたのですが、やっぱりドラマのタイトル(邦題)がおかしい。

被害者は、広告会社経営の大家のおっさん。
第一発見者がこのおっさんとうまくいってなかったワガママ娘。
容疑者としてワガママ娘が付き合っていたクラブのオーナー@実はFBIの潜入捜査官とかマフィアとかワガママ娘のストーカーっぽいボクちゃんとか浮上します。

実は、被害者のおっさんがワガママ娘の相手が潜入捜査官と知っており、娘に麻薬をさせたり、大金を貢がせたりとやりたい放題状態に怒り心頭。
そのため、付き合いをやめさせようとしていたのですが、逆に知られたことを知った捜査官がおっさんを殺したようです。

その罪をまず骨屋に出てたっぽいボクちゃんに着せてみたり、マフィアに向けてみたり、FBIの権限を振りかざしてみたりと画策しますが、結局ゴーさんに見破られてお縄となりました。

捜査官とNYPDにてお話のときに出されたコーヒーカップやら科学捜査の方に調べてもらいます。
ひとつは、捜査官が飲んだカップでコカインとか出ました。
もうひとつは、ゴーさんの飲んだカップだったようで、肉の脂と制酸薬(胃薬、胃もたれ防止用)が検出されます。
ゴーさんの楽しい食生活が少し見えました。
食べるシーンではなく、こんな形で食生活を見せてくれるのもかなり珍しいケースです。

今回、いろんなものに邪魔もされました。
まずは恋に落ちてたワガママ娘。
(・∀・)カエル~!!だの、気が変わった~!だの、ドラッグテスト拒否などなど・・・。
結局、ゴーさんの尋問に彼女が落ちたので、捜査官の罪が立証されたわけですが。

そしてFBI。
令状出たので逮捕!ってなときに先回りされたり、予備審問でも権限を突きつけられたり。
さのばびっち!!!」とかなり冷静に怒りをあらわにするゴーさん。
肉の脂なしでも、胃酸が出た可能性がかなり高いです。

そして捜査官が調べていたゴーさんの過去経歴。
陸軍犯罪捜査局(ACID)に入隊、その後、NYPD麻薬課に4年間勤務したのち、
NYPD本部のMajor Case Squadに配属され今に至る。
軍犯罪の捜査をしていたということは、某銀髪のおっさん要素があっても不思議ではなかったようです。

Criminal Minds S3 #9 ガルシーは30歳でした。    2009.03.04

デクスターの一挙放送がほぼ完了なので、ぼちぼち視聴に入ろうと思います。
一日1話で追いかけようと思います。

さておき。
今回の被害者は、前回撃たれた電子の巫女ことペネロープ・ガルシア
搬送、手術時、走馬灯がガルシーをめぐります。
が、少女時代のお話、結局詳しく語られることはありませんでした。
ガルシーの手術は2時間以上に及んだのですが、急所をそれていたので大事に至らなかったようです。しかも、3~4日したら退院できるそうです。
かなり丈夫なようです、ガルシー。

意識の戻ったガルシーのデート時の記憶のみを頼りにBAUメンバーも捜査っぽいことをしますが、
今回は被害者が被害者なだけに全面協力は、できないようです。
タフガイと天才くんが病院でガルシーにいろんな記憶覚醒アプローチを試みますが、個人を特定する情報は、得られません。

しかもガルシーさん、FBIの内部調査の人に目をつけられていたようです。
今回の襲撃もガルシー自身に問題があったのでは?的展開になります。
で、なぜかここで登場する内部調査の人が限りなく廉価版エクリーさんでした。
エクリーさん登場


もうすぐ・・・本家が始まりますねぇ・・・。

さておき、このエクリーさんぽい人に「ガルシーシステム」の調査を頼まれたのが、ヲタ全開なメガネ君。
メガネ君が「ガルシーシステム」にうっとりしつつカチャカチャやってましたが、ロックのかかったファイルが。
BAUメンバーに隠れてなにやっとったんじゃ!
と血相抱えてホッチさんが飛び込んできます。
FBIの素行調査とか命令されていた、とか言ってますガルシーさん。

タフガイ護衛で自宅へ帰れた折、再び犯人に襲撃され、
あげく外で見張ってた制服警官が死亡ってな事件に発展

見えそうで見えない犯人に苛立ちを爆発させるヒゲさんが、
オレの目を見ろ~!
とかドS尋問をガルシーにぶつけてました。

ガルシーさん、仕事の合間に犯罪被害者のカウンセリングをボランティアで行っていたようです。
自分なら何かしてあげられるかも!と、未解決の事件のファイルに勝手にタグをつけていたようです。
どうやら素行調査とは関係ないようです。

事件に関与していたっぽい副保安官が判明、ガルシーを誘った「イケメン」なことも判明。
身柄の確保に出ようとしますが、なんと副保安官、BAUに来てました。
こともあろうに、エクリーっぽい人に頼んでメガネ君にファイルの削除とか依頼に来てます。
メガネ君、自宅PCからアクセスしてきたガルシーにBAUに今副保安官がいることを映像データとして送信しています。
ホッチさん、ヒゲさんもタフガイから連絡を受けて速やかに気づかれないように副保安官に近づきます。
JJにも連絡。何も知らないのはエクリーっぽい人だけのようです。
しかも副保安官、みんなが気づいたことに気づいてしまいます。
しかたないのでエクリーっぽい人を人質に暴れだしますが、背後のガラス越しに眉間を射抜かれ死亡しました。
しとめたのはJJ。スバラシイです。

ガルシーさん、昔TOP何人か!ってなハッカーだったそうです。
FBIがそれを見込んで雇ったようです。
まぁ、そうでもなければLinuxをGUIライクに改造してシステム構築、なんつーことはでけんでしょう。
今までの仕事ぶりをみても「その筋の人」っぽかったので巫女様の背景が少し垣間見れてよろしかったです。

L&O CI S1 #12 「やぁ、僕はボビー」と自己紹介します。    2009.03.02

今回は心臓外科医がパーティー時にトイレで射殺されてました。
この心臓外科医、奥さんと離婚協議中で息子と娘がいます。
奥さんは美人さんで妹さんも美人さん。
妹さんには、白髪のっぽなおっさんの精神分析医の人が立候補しているようです。

調べていくと心臓外科医、父娘面会時に「性的虐待をしていたかも」な話が浮かび上がってきます。
奥さんが病院へ娘を連れて行きますが、この件に関しては調査も行われなかったようです。
しかも心臓外科医がかん口令をしいていいたようです。
ま、死んでしまったのでこのときの内容を奥さんから聞きます。

被害者の頭部に残っていた弾丸が麻薬捜査での押収物だったことがわかります。
どうやら実行犯は、過剰捜査で干されていた警官が「必殺仕事人」をやってたようです。
実行犯の殺人警官さん、どうやら精神分析医の人から虐待情報をもらい、
自分で制裁していたようです。お金が目当てじゃなかったようです。
このあたりは、ゴーさんのささやき尋問のときに明らかになってました。
どうやら昔虐待されていたことを知っていた精神分析医が、巧みに彼を操ったっぽいです。

その精神分析医、妹さんに立候補していた人のようです。
早速逮捕にいきますと、「心神喪失で精神鑑定が必要」とか起訴陪審で言われてしまいます。
この精神分析医、警察・弁護士あたりの関係のお仕事をしていたらしく、この手の演技はうまいようです。
そのあたりをゴーさんが早速見破ります。
司法取引の話し合いのときもカーバーさんが一人話をしています。
ゴーさんは、白髪精神分析医をじーーーーーーっと眺めたまま沈黙。
白髪精神分析医のほうから「キモイから見るのやめて!」とか言われてしまいました。

白髪精神分析医の「精神状態が正常なフリをしている証拠」を探したいゴーさんたち。
本家お抱えの精神分析医のLAで副本部長してそうな人にお話を聴きに行きます。
J.K.シモンズさん、CIにはこのエピだけの登場のようです。少しガッカリ。

白髪精神分析医が妹さんに高額な「ヘンな置物」を購入していたこともわかります。
どうやらストーカーに近い必死さでアタックしていたようです。
さらに心臓外科医の娘の虐待の件でも腑に落ちない点がでてきました。
奥さんのおうちへ家宅捜索にきます。
お絵かきしていた小さい娘さんのところに首を傾けつつ
やぁ、ソフィー。ぼくはボビーだ。」とお話を聴きにいくゴーさん。
この少女、でっかいおっさんが首を傾けて入ってきても驚きません。
かなり肝が据わっているのかもしれません。
少女の話を詳しく聞くと、虐待ではなく「下痢したのでパパがきれいにしてくれた」
とのことです。どうやらこれが真実のようです。
このことを知っていたのは、母親である奥さんと白髪精神分析医だったようです。
それを知りつつ、妹さんゲットのために「殺人依頼」をしたようです。
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。